多発性骨髄腫と家族

多発性骨髄腫の治療記録。 最近、治療の当本人である主人もブログを始めました。 こちら➡︎ https://ken-ken-ken.muragon.com

多発性骨髄腫について
治療、症状、患者家族として
残せるものを置いていきます。


2012年8月=主人37歳
多発性骨髄腫と診断
治療開始
2013年
治療→自家移植→
同種移植→寛解
2014年
寛解維持
2015年12月
再発
2016年1月
治療再開

介護福祉士
娘二人の母親してます。

現在:ポマリスト終了と近況

台風、地震、水害

今なお不自由な生活が続いている方も多くいらっしゃいます


一日も早い復興復旧を心より願っています



どこで、いつ、何が起こるかわからない、今。

支援物資が行き届くには三日間〜六日間(住んでいる地域や交通状態による差もあり)の時間を要するそう。

少なくとも最低三日間の食料と水分は自身で備えていてください、とのお話でした。


実際に避難をして、困ったのは、持病の薬とメガネだそうです。

薬は決まった数量、日数分しか処方されないのが一般的なので「備える」には難があります。


予期できない事への備えには限界がありますが、不安ままにするよりも、かかりつけ医に相談してみるのも一つかと、私は考えます。

*あくまでも、一個人の意見です。



長く病院にかかっていると、少しずつですが

【残薬】が出ます。そのお薬をどうするか、私は先生と相談して調節しています。

今回は◯◯の薬は残薬が◯◯個あるので処方不要です、といった具合です。

また、その中から、数日分のセットが作れるくらいの残薬を確保していいと許可をもらい保管しています。


いつ自分の身に、、、と数日前に娘二人と話し合う機会があって考えたとき

3人で出た答えが

「主人(お父さん)が緊急時でも安全に過ごせる」対策であったことに、心がほっこりしました。




さて。


その主人の治療についてです。

今日は受診日、前回新たにポマリストの治療が始まったと記事にしたのもつかの間?

本日より次の治療に入りました。


だいぶ割愛してしまいますが、それはまた後日、

メイン治療の流れを再発から振り返ってまとめてみたいと思っています。


ザックリ、まとめます。


6月30日〜9月11日内服終了 3コース

・ポマリスト ・レナデックス


この治療の効果に期待が出来ない為、

本日より変更


9月19日〜

・サリドマイド ・アルケラン ・プレドニン

MPT療法



そして、前回お話しした内服薬一覧です。


ラベプラゾール

ビクロックス

ダイフェン

フルコナゾール

バイアスピリン

アルファカルシドール

乳酸カルシウム

カロナール 1000mg

レバミピド

マグミット

ミヤBM



レバミピド

カロナール 1000mg

マグミット

漢方二種


ザイザル

ジャヌビア

レバミピド

カロナール 1000mg

ミヤBM

乳酸カルシウム

漢方二種


就寝前

ゾルピデム

ルネスタ

ロゼレム


頓服

ベタヒスチンメシル = 目眩

ランドセン = 顔面痙攣


本日より

サリドマイド 100mg 就寝前

アルケラン 12mg 就寝前

プレドニン 60mg 朝・夕



各お薬の効果についても、近いうちにまとめておきます。

自身のメモにもなるので… (^^)



では、またです。