多発性骨髄腫と家族

多発性骨髄の治療記録です。

多発性骨髄腫について
治療、症状、患者家族として
残せるものを置いていきます。


2012年8月=主人37歳
多発性骨髄腫と診断
治療開始
2013年
治療→自家移植→
同種移植→寛解
2014年
寛解維持
2015年12月
再発
2016年1月
治療再開

介護福祉士
娘二人の母親してます。

新年のご挨拶・お知らせ

新年始りましたm(__)m


今年もマイペースでの更新となります
気長に宜しくお願いいたします





更新、コメントの返信、コメントからのメール返信
滞ってしまっていました。
温かいお言葉をくださっていた方には申し訳ないです。


主人に何かがあったのか?
というコメント多く頂いておりましたが、
経過観察中の状況は変わらず、大きな変調はありません。



私自身は事故の通院が相変わらず週に五日あり、
一日おきに神経の痛みどめをうつ日々です。
介護現場への復職も厳しいとのお話を医師より聞き、
一時期落ち込みはしましたが、命あってのものです。
痛みくらい、どうってことないかって。


年末年始はリハビリも注射もないので、
ボルタレン座薬を代用し、過ごせています。



状況を受け入れたうえで仕事やヒトとの出会い、
何か見つける一年にしていきたいと思います。




お知らせに関してですm(__)m


ここのブログの主旨は、
『多発性骨髄腫』の治療や、経過、症状や生活状況といった
患者の立場・患者家族の目線で残していくことです。


今後は病気についての内容だけ残していくので
コメント欄はなくしました。


私自身のブログは改めて作成予定です。
どこかで見かけたら、また声かけてください(*^^)



治療等の記事については、今後も更新していきます。
実際治療に入られているご家族がこのブログを見つけてくださり、
お声をかけてくださった事もあったので
何かしらの情報になることがあればいいなぁと思っています。




それでは、簡単ではありますが
新年のご挨拶とお知らせでした。



皆様のご健康とご多幸を心からお祈りいたします