多発性骨髄腫と家族

多発性骨髄腫について
治療、症状、患者家族として
残せるものを置いていきます。


2012年8月=主人37歳
多発性骨髄腫と診断
治療開始
2013年
治療→自家移植→
同種移植→寛解
2014年
寛解維持
2015年12月
再発
2016年1月
治療再開

介護福祉士
娘二人の母親してます。

普通の日記5

こんにちは、
病気の記事を書きだして途中なのですが
いつもコメントくださっていた〇〇ダム様のコメント欄がなくなっていて、
直接お話しできなかったので
この場をお借りしてm(__)m


お名前を念のために一部伏字にしてますが、
大丈夫でしょうか(;一_一)


もし何かありましたら、コメント頂けますと幸いです。
私もコメント無しにしようかなって思い始めてます。



〇〇ダム様
8月26日のコメント、ありがとうございました。
バセドウ病とわかるまでに八カ月程かかり、
うつ病と診断されてお薬を飲んだり、
若年性更年期障害と婦人科で診断され漢方を何種類も飲んだり。
〇〇ダム様の仰る通り、一番きつかったのは大量の汗をかくことと、
それによる全身の異常な倦怠感、動悸でした。
主人は幸い一時的かもしれませんが、現在は様子観察で加療もなく
体調は落ち着いています。
治療まっただ中ではなかったのもタイミングとしては本当に良かったです。
今は急性的に悪化していた動悸を治すのに狭心症のお薬を一カ月半飲み、
穏やかではありますが落ち着いてきました。
共倒れ。これを一番避けなければなりません。
〇〇ダム様のお身体が心配です。
どうかご無理なさらず、ゆっくりゆっくりお過ごしください。


お返事遅くなりました!
本当にありがとうございました!!