多発性骨髄腫と家族

多発性骨髄腫について
治療、症状、患者家族として
残せるものを置いていきます。


2012年8月=主人37歳
多発性骨髄腫と診断
治療開始
2013年
治療→自家移植→
同種移植→寛解
2014年
寛解維持
2015年12月
再発
2016年1月
治療再開

介護福祉士
娘二人の母親してます。

普通の日記7

ここ一ヶ月(事故後)は腰から膝までの神経痛が

=坐骨神経痛と言うのだそうです=

まだ痛くて、静脈注射で週三回ノイロトロピンをうっています。

腰や首の痛み、首からくる肩や頭痛には

ロキソニンが効くんだけど、

その腰から下の痛みと足先の痺れには

ロキソニンも湿布も効果がないんですね。


座っていても痛いし、歩いていても痛くなる、

歩いてるときに歩行スピードを緩めたり少し休むとラクになるので

その繰り返しです。


整形外科の先生によると、まだ暫く痛むだろうねってお話で。

事故は車も廃車になって同等の車を中古で買い替えたんだけど、

人の身体は時間がかかります(ノ_<)

それでも、どの部位も失ってはいないし、

ご飯も食べられる。

そう思ったらコツコツ治せるかなって。


私は生活が大変だなって思う程度でいいのだけれど、

やっぱり次女さんがかわいそう。


私の心臓を気にかけて、いつも買物に付き合ってくれていた次女さん。

そして、事故。

私は事故のショックから過呼吸やら狭心症の発作が出て救急車がくるまでヒィヒィフゥフゥしてたのですが、

その間次女さんは長女さんに連絡入れたり事故相手の人に私の病状伝えたりしてて。

何より私へ『ママ、しっかり鼻から深呼吸して』『大丈夫だよ、今救急車くるからね』と私の手を握ってずっと声かけしてくれてました。


救急車の中でもしっかり手を握ってくれたまま、救急隊員の方と話をしていて、

しっかりしてました。


そんな次女さんも、片道自転車で35分かかる登校が大変で頚椎捻挫が何度も悪化して

今まだ長引いています。

高校最後の体育祭も出られず、カラーをしていてその姿を笑われたり、友達との距離を感じてしまったり本当に悲しそうな表情をする日がありました。


女子高生って、どの年代も難しい事が多くあって、悩みも多いんですね。

幸い女子が少ないので狭い交友関係の中での事なんでしょうが、本来なかった【出来事】に悲しい想いをさせてしまっています。


社会へ出る前の大切な楽しい時間を、

痛みとリハビリに奪われてしまっているのは

同乗させていた私にとっては本当に申し訳ない気持ちになります。

家庭環境を一番に考え、進学という進路を早々に諦めた次女さん。



早く心身共に元気になってほしいです(^^)

そして、一日でも多くお友達との学生生活を楽しんでほしいと切に願います。




急に秋の風が吹き始め、

何時間でも外にいたくなる気候になりました。

私にとっては嬉しい季節ですが、

寒さも急に厳しくなるようですので

お身体大切にお過ごしください☆